逆立ち上達の基本ステップ① まずは一歩を踏み出そう。

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

逆立ちを出来る様にしましょう。

こんにちは、けんじです。

逆立ちについての、以前の記事、逆立ち?効果がありすぎて、やらない方がもったいない! でも色々とご紹介をしましたが、

今回は、とにかく逆立ちを出来る様になりたい!

そのための手順のみにテーマを絞って書いていきます。理論理屈はともかく、早くできる様になりたいんだ!そんなあなたのための記事です。

早速いってみましょう、本日のメニューです。

1.逆立ちをやってみる

まず、その場で逆立ちをやってみてください。

a. 安定して立つことが出来る人は、2をお読みください。

b.立つことができず、前に倒れてしまう人は、3をお読みください。

C.立つことができず、手前に倒れてしまう人は、4をお読みください。

2.逆立ちで安定して立つことが出来る場合

既に十分な筋力とバランス感覚を持っています。

そんなあなたが次に目指すべきは、逆立ち歩行です。

その場から、前に歩いてみましょう。最初は転がってしまうかもしれませんが、今のあなたなら諦めずにトライすればそれは可能です。

そして1メートル、5メートルとどんどん距離を伸ばしてみましょう。やればやるほど、しなやかな背中と、強靭な肩が手に入ります。


3.その場で逆立ちをしても、前に倒れてしまう場合

壁倒立を練習しましょう。重心がどこにあるかは、今は考えなくて大丈夫です。

まずは、その場倒立が可能な様に、アイソメトリックス、の意味合いで壁倒立をします。

時間は10秒、30秒、1分、から始め、断続的にでも10分、15分、行える様になるとずいぶん違ってきます。

単純に筋力がついてくるのです。

1分を5セット出来る頃から、その場立ちに再度トライしてください。数秒でも静止できれば、次につながります。

時々のトライを繰り返しながら、壁倒立の時間を伸ばしていってください。

ただし、長時間の頭部への血流はとても負担になる場合があるので、途中、休憩を挟んで行いましょう。勿論、頭痛が出る様なことがあれば、その日のトライは中止してください。

4.その場立ちで手前に倒れてしまう人の場合

壁倒立をまず行います。そして並行してブリッジも練習します。ブリッジとは、首で体を支える姿勢です。

これを行うことによって背中全体の柔軟性を伸ばし、逆立ちをした時に、背中が弓なりになれる様にしやすくします。

首でのブリッジができなくても、手で行うブリッジで大丈夫です。

 

5.逆立ちで何を目指すか?

逆立ちが出来る様になると、どんな風になれるか?と考えていくと、トレーニングを継続し易くなります。

a. 強靭な肩、腕が手に入ります

腕全体に負荷が均等にかかるため、やればやるほど、丸太の様な太い腕が手に入ります。
器具を使った段階的なトレーニングでは、得られない
太さの表れ方です。

肩にも全体的な負荷がかかるため、首回り、僧帽筋、三角筋、大円筋、広背筋とまるで根元
からそれらが生えてくるかのごとく、
今まで見たことがない形で筋肉が発達します。  
そしてその見た目はとても格好のいいものです。

b. 握力も非常に強くなります

逆立ちを成功させる過程で握力も強くなります。なぜなら、地面や床を強く保持しないと体
を支えることは出来ないからです。

また逆に、いつまでも逆立ちがうまくいかない場合には、握力強化のトレーニングも並行して
 行うと良い結果が待っています。

  前腕を鍛える 初級編

C. 体幹が自然に強くなり、引き締まった体つきになります

当然ですが、逆立ちを成功させるには、重すぎる体では出来ません。必然的に選ばれた食事のみを摂る様になるでしょう。
それをしないまま、極端な話、120キロの体重で逆立ちを繰り返しても、少しは安定するかもしれませんが、先に手首や肩を壊してしまいます。

そうならないために、賢明なあなたなら、ダイエットを試みるでしょう。

ダイエット方法

そして自分の新たな課題、新たな問題を発見し、それに挑む、その様な努力を繰り返していくことも非常に意味のあるものと言えるでしょう。

そういう意味では、逆立ちは、あなたの人生を切り開く、「選ばれしもの」のエクササイズと言えるでしょう。

それだけに、生涯を通じて追い求める価値のあるものです。

6.まとめ

今回は「逆立ち成功」までの道のりの初歩を書いてみました。まずは最低でも3か月継続し、自分の体と相談しながら、ステップアップを目指しましょう。

それでは本日は以上になります。

この記事が、あなたの逆立ちトレーニングのきっかけ、そして助けになることを願います。

ぜひ継続をして、逆立ち成功に一歩でも近づきましょう。

           コチラのマニュアルもおススメです。↓



正しい心も筋トレも、成功には欠かせません。
お気に入りに登録して、良い事をみんなに広めよう!

体操選手のトレーニング頻度は常識を超える!?

自重トレーニング

画像引用:Photo by  Marion Michele, Leighann Renee ,on Unsplash 
                 Photo by panther sohi from Pexels

名倉けんじをフォローする

Pocket

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは サクセスアドバイザー名倉けんじです。 東海地方在住の50歳。175センチ85キロの現役ファイター。 鍛練家。思想家。 30年以上、毎日の様に鍛練していく中、 「強くなりたい」「成功したい」男たちに(女たちにも!) 役立つ記事を最新のトレーニング事情と絡めながら 書いていきます。 強さと成功を手にするのに必要なこと、 それは正しい心、トレーニング、ビジネスです。 この3つを追求し本当に有益なものを紹介していきます。 「読んで実践!」 皆さんと私の約束です。 「実践すれば強くなり成功する」 私からの皆さんへの約束です。 ご質問・ご感想は Twitter お問い合わせフォームからいただくと 返信が早くなります。 宜しくお願い致します!