強く なりたい 男が筋トレを始めるまで。実録経験談。弱い男が強くなる①

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

弱い男が強くなる。ガチな話です。

細いことがいじめの理由

こんにちは、サクセスアドバイザーけんじです。 プロフィールはコチラ。

は今から37年前、細い少年でした。しかし、闘争本能が強く毎日の様に兄弟喧嘩、2つ上の兄とは親も止められない抗争を幼児の頃から繰り返していました。そのためか、小学校へ上がってからも(元々がガラの悪い地域でした)抗争は絶えず、学校に行くのに周囲に警戒していかなければならない、そんな状況でした。今からは考えられないデンジャラスな時代だったと思いますが、自分はそれが普通だと思って育ちました。それが自然でした。しかしある時期を境に「強く なりたい」と強く思う様になりました。

それは、プロフィールにも書いてある様に、中学2年、14歳の時に「腕が長い」(実際には長くみえただけ)という理由でクラス中、学年中の嘲笑の対象となったのです。
今では「いじめ」という定義があり、「やってはいけないもの」として認知されていますが、当時はそれに加担をするかの様な教師もいる有様で、まったく逃げ場がなくつらいものでした。

最初は私もなんとなくヘラヘラしてそれを受け流していましたが、ある日、「こんなことではいけない」と自分の中に強い気持ちが芽生えたのをはっきりと覚えています。

反撃が始まる

してある月曜の朝から、今までと同様に通学路でからかってくる(友人級のやつらも含む)を、次々に殴っていったのです。私は走るのが早かったので、比例してパンチも速かったようです。いきなりパンチをくらったやつらは、それこそバッタバッタと倒れていきました。急に力で対抗してきた私を彼らは怪訝な目で見ていました。

そんなことが半年以上続きました。さすがにそれだけ続けていると、私に不要に喧嘩を仕掛けてくる人はいなくなりました。少しからかったつもりが全力で反撃してくるからでしょう。
しかし、からかってきて反撃されると周りを巻き込み文句を言うやつらを私は二度と文句が言えない様に徹底的に痛めつけました。

でも学校には明らかに私より強いだろう、というやつもいました。彼らは私の闘争本能を認めていたのでしょう、不要には仕掛けてきませんでしたが、かといってへりくだることもなく、私も彼らとは絡まず、という状態でした。

私は「強くなりたい」という男としての本能に気付きつつありました。そうです、目の前にいる彼らに正々堂々と立ち向かえない(向こうも同じだったと思いますが)自分に苛立ちを感じていたのが本当でした。

そんな時、ある友人が「すごい空手を習っている」という話をしているのを耳にしました。私は元々彼と仲が良かったので、学校の帰り道を共にし、道場や練習内容のことを夢中になって聞きだしました。彼が私に貸してくれた漫画「空手バカ一代」は、私の人生のターニングポイントというべきものでした。

空手バカ一代

それは梶原一騎氏原作の当時の大ヒット漫画でした。実在する空手家「大山倍達」の半生を描いたもので、全15巻を借り、夢中で読みました。その友人は少し不良ぽかったので父親は彼との交流を危惧しましたが、私は言うことを聞かず、その他にも大山氏の著作を沢山借り、全て読了しました。

そして自分も大山倍達の空手を習いたい、極真空手を習いたい、と強く願う様になりました。まだ入門するかも分からないのに、「極真に入るには基礎体力が必要だ」と、深夜のリビングで家族が寝静まった後に始めた腕立て伏せが、私のトレーニング人生の幕開けでした。

 

 

*関連記事

生き残れ!動き続けるために必要な条件。格闘技。
男が強くなる!その方法と自宅トレーニングの賢い選択
強くなりたい男が筋トレを始めた!実録経験談②
護身術があなたを救う!?最強の護身術とは① 悪用厳禁!!

 

追伸:もしあなたが、私が空手から得たエッセンスに基づく考えを読んでみたいなら、こちらの無料教材をぜひ手に取ってみてください。人数限定で、プレゼント中。無料です。

                                              

名倉けんじをフォローする

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは サクセスアドバイザー名倉けんじです。 東海地方在住の50歳。175センチ85キロの現役ファイター。 鍛練家。思想家。 30年以上、毎日の様に鍛練していく中、 「強くなりたい」「成功したい」男たちに(女たちにも!) 役立つ記事を最新のトレーニング事情と絡めながら 書いていきます。 強さと成功を手にするのに必要なこと、 それは正しい心、トレーニング、ビジネスです。 この3つを追求し本当に有益なものを紹介していきます。 「読んで実践!」 皆さんと私の約束です。 「実践すれば強くなり成功する」 私からの皆さんへの約束です。 ご質問・ご感想は Twitter お問い合わせフォームからいただくと 返信が早くなります。 宜しくお願い致します!