期間限定!無料教材プレゼント!

この記事を読むのに必要な時間は約 27 分です。

名倉けんじの無料教材

(画像をクリックでリンクに飛びます)

恐竜みたいになりたい人が今時すべき6つの事。  ⇦ NEW


あなたのダイエットはなぜ失敗するのか?2020 

極減ver2.3 配布は今夏停止。

ガチで痩せたい方のみ。


80キロ超の体重を抱え、30年間さまよった女性が、わずか1年で過去最高の減量に成功した秘密を知りたくありませんか?

私のクライアントMさん(女性)は、この1年間で、次のような結果を手にしました。 
まずは、ちょっとお時間を頂いて、喜びにあふれたMさんの声を聞いてください。 

私は物心ついた頃から肥満児でした。
保育園児ですでに30キロありましたし、その後も着々と体重を増やし
女の子として一番楽しい中高、専門学校時代は80キロを越えていました。もちろんあだ名はデブ!ブス!
ずいぶんいじめられることもありましたし辛い思いもたくさんしました。いじめる相手に対して怒りを感じる反面
性格も内向的になったり、『どうせあたしなんてダメな人間なんだ…』とひねくれた考え方になっていく自分にも嫌気がさしてそのストレスがまた過食を呼ぶという悪循環に陥っていたと思います。
まあ、考え方も体にもよけいなものがたっぷり付いた根っからのデブだったわけです。その後、就職して体を使う職種だったこととハードな勤務態勢のおかげで5ヶ月で74キロまでいつの間にか落ちていました。
これをきっかけにはじめての自己流ダイエットを始めることになります。
21歳の時でした。
母親が勧めてきたダイエットサプリメントを飲みながら食事制限をしました。当時は体重が減ることが楽しくなっていたので我慢もあまり気にならず毎月2キロ落としてやる!なんて気分でした。
運動は元々苦手なので全くしませんでしたがそれまでがっつり食べてごろごろ寝てばかりいたのでそれなりに体重が落ちていきました。元々巨デブなわたしはどこか頭の中で
『60キロまで落ちれば普通になれるだろう』
と勝手に思っていました。一般的に言えば太っている範囲なのですけどね。でも、若さと勢いと思いこみは恐ろしいもので
8ヶ月で61キロまで減量する事ができました。やった!もっとがんばろう!
と思う反面、ここまで痩せたという満足感もありました。ここでやっぱり停滞期がやってきます。
なかなか減らないのです。『60キロ~』という思いこみも無意識のうちに枷になっていたのかもしれません。それまでの食事制限では減りません。サプリを飲めば痩せると思いこんでいましたが減りません。でも運動しようという選択肢はありませんでした。なんとか62~3キロをキープして一年ほど過ごしていたある時、大きな仕事が終わってホッとしたわたしは『カロリー0ならいいだろう』
と思って500mlペットボトルの炭酸飲料とお茶をコンビニで買い
一気に飲み干しました。しばらくお腹いっぱいという感覚から遠ざかっていたので久々の満足感でした。コンビニに寄ることもしばらくなかったのでそれも久々の満足感でした。そこから恐怖のリバウンドが始まったのです。今まで減らしていた食事にもその満足感を求め出しました。今までの我慢がどどーっと溢れる、ちょうどダムの放水のような感じです。はじめのうちはちょっとだけだから大丈夫だ、またサプリを飲めば簡単に痩せられると思っていました。でもじわじわと体重が増えていきます。当たり前です。いけない、我慢しなきゃ、でも食べたいこの葛藤の繰り返し。食べて満足感を味わうと同時に罪悪感に包まれ自己嫌悪になっていきました。そんな事を繰り返すうちに体重は68キロまで戻りこれではいけないとなんとか63キロくらいまで落としまた68キロまで戻り…体にも心にも良いわけがありません。こんな事を一年ごとに繰り返し気が付けば30歳になっていました。

自分は60キロ以下にはなれない
80キロ以上あったのだから多少痩せた自分ではあるし、

「いい年齢にもなってきたしわたしにはこれ以上無理だ」

これが当時の心境です。

そんな時に出会ったのが「極減」でした。    ➡   え、無料で配布するんですか?

その頃は藁をも掴みたいという感じでしたから
ダイエット、必ず痩せる、簡単、○○するだけ
なんていう単語を見つければ手当たり次第に目を通し
どれも中途半端な取り組みしかせずに
もちろん結果など出るわけもなくまた次へ…と渡り歩いている状況でした。

その一つとして「極減」と運命の出会いをしたわけです。

まず、過去でなく今の太った自分と向き合うこと
そして自分は今後どうなりたいのかをしっかり確認すること
これがわたしにとってはとても大きなキーポイントとなりました。

「極減」が気づかせてくれた第一の事です。

あたりまえのようなことがわたしは全くできていなかったのです。

そしてこつこつ続けていくことの大切さを知ります。
焦ってすぐに結果を求めてしまいがちでしたが
続けていることは無意味ではなく
必ず前進していると知ることで
諦めたり別のことをしてみようかという気持ちを振り払うことができました。

「極減」は、つい忘れがちだけれど一番大切なダイエットの基本を丁寧に教え、再確認させてくれたのです。

基本を教わると考え方も変わってきました。

わたしは60キロ以下にはなれない。

そんな考え方も、がんばればわたしでも!となりいつの間にか超えられなかった60キロの壁をいつの間にか越えていました。

超えられない壁は自分の心中に自分で作り上げてしまっていた事に気付きました。
どうしても踏み出せなかった一歩でしたが
極減が背中を押してくれたおかげで
わたしは前に進むことができたのです。

現在のわたしの体重は56キロです。まだまだ太っています。
でもこれからもしっかり自分の気持ちをキープしながらダイエットを続けていきたいと思っています。

小さい頃から太っているとか、もう30歳を越えたから痩せないとか
そんな事にとらわれず一歩一歩これからもがんばっていきたいと思っています。

「極減」と出会えてよかった!
本当にありがとうございました。
そしてこれからもよろしくおねがいいたします。

(新潟県 会社員 Mさん)

そしてMさんは、自己記録の過去最高を2011年12月13日に達成しました。

 

数字そのものは、まだまだ世間的に見れば「太め?」と言われる数字でしょう。
しかし世間から見れば小さな一歩でも、Mさんにとっては大きな一歩なのです。

Mさんは、最初はとても及び腰でした。「出来るかな?大丈夫かな?」
誰もが最初はそう思うはずです。

しかしMさんは、地道にコツコツ努力を続けました。
メールでサポートを受けながら、文字通り雨の日も風の日も、
雪の日も、です。

伝説のダイエット教材!

「シェイプアップマニュアル極減

(きょくげん)ver2.3」

とりあえず、痩せてみませんか?人生変わりますから。

12歳の時の体重にわずか1ヶ月で到達。

私はとりあえず試験に合格しました。が、まだまだ課題は多く、資格を持っていたとしても勉強することはきっとやめるまで尽きないのだろうなと思います。
試験のために、ふらふらにならないようにベストコンディションで練習と運動ができるようにしていたため、食事の量を少し増やしていましたので、体重は52.5キロまで増えました。
しかし、なぜかわからないのですが、3週間前の51.9キロのときよりも脂肪が落ち、体が引き締まっている気がします。周りにも、3週間前とくらべて、痩せたと言われるようになりました。
体重が増えたとしても、前より痩せて見えるのなら、順調な印なのかなと思います。今回指導して頂いたトレーニングは、かなり効きました。
1回目のターンがだいたい1時間です。2回目のターンも疲れましたが、止まらないのが大事だと思い、スピードを落としながらやり抜きました。
更に効いたのが、上半身の体操と例の、あれ(笑)です。疲労がたまってしまったせいか、全体的に回数が落ちました。
でも、より体が軽く動くように、一生健康の体でいるようにしたいです。8月の沖縄!痩せる!と思ってがんばっていましたが、やはり一生かけてできるダイエットを目指し、
ストレスをあまり出さないようにしていきたいです。
私にできるベストなダイエット方法は、悩みに悩んだ結果、結局名倉様の極減に辿り着くのですね。極減を読んで、頭ではわかっていても、体にまでは浸透できていませんでした。
あまり食事制限の無理をせず、名倉さまのメニューをこなすことなのですね。一生できるダイエットの方法って本当に大事です。
今更ですが3ヶ月目になって、自分の道しるべが決まったような感じがいたします。
3ヶ月目の目標は、体重計にあまり乗らない。(私にとっては、毎日乗るのもけっこう負担になります)乗ったとしても、見た目の変わりようを意識する。
名倉様のメニューをこなすこと。継続です。無理のない程度に、がんばります!
名倉様。最後まで優しいコーチでいてくださり、本当にありがとうございました!
いろいろな問題がありながらも、名倉さまが支えてくださったおかげで初めてきちんと痩せる事ができました。
いつも応援しています!就職難の時代ですから、多少大変なのは覚悟ができています。
無事決まる事を祈っています。また近況報告させていただきますね!

本当にすばらしいコーチに出会えたと思います。こんなに一人ひとり支えられる方は、今のネットの世の中ではあまりいないと思います。
本当にありがとうございました!

フランス在住 Iさん 20代 学生 2012年9月5日 パーソナルサポートを見事卒業

・購入しての感想・・・最初にマニュアルを読んだときには、「極減」を始めるにあたっての手順が書いてあり、
初心者の私でもわかりやすかったです。
生活習慣から直すというのは、たしかに最初は大変かもしれませんが、
もし同じ生活を続けていれば、一生同じ体形であることを確認させられました。
(私は、頭ではわかっていても、完璧に理解していたかというと、できていませんでした。)
自分の生活の根本から改善できると感 じました。

・購入の際の感想・・・購入した後に、パソコンのシステム的な問題がありましたが、
丁寧に、きちんと対応していただいて、信用できる方だと感じました。

・メールサポートの印象、感想・・・自分が感じた全ての質問に、丁寧に答えてくれます。
最初の方では「極減」をきちんと理解できていなかったために、
体重が増加したりして落ち込んで、メールをしても、すぐに返事をいただいて、支えてくれていると感じました。
定型文の貼り付けや、使いまわしの文などではなく、きちんと一人ひとりにメールサポートを行っているのは、
名倉様くらいしか見たことありません。きちんと1対1で面倒を見てくれていると思い ます。
本当に、こんなにすばらしいサポートは、今までネット上で見たことありません。

・実際にやってみての感想・・・最初は、運動のメニューがきつく感じました。
あと、毎月メニューが送られてきた日にはかならず、こんなに大変そうなのできるの!?と思いますが、できました(笑)
最初1週間はきっと運動に慣れるまで大変かもしれません。
(仕方ありません、今まで自分の体にアメしか与えていなかった体ですから)
でも2週間目から、すでに体の引き締まり感を実感できました。色んな運動をこなしていき、色んな発見をします。
どこの筋肉が弱いのか、なぜ、肩がよく凝っていたのかなど。
自分の体を再発見し、可能性が広がるので、最終的には楽しくできています。
サポートはパーフェクトだと思います。
ですが、あえて、もう少しの欲を出すならば、食事についてのサポートがもう少しあるとありがたいかなーとも思います。
(例えば1週間の朝、昼、夜の献立など・・)

・実際の結果、実感・・・見た目の変化はけっこう変わったと思います。
筋力アップのおかげなのか、体重が減ったからなのか、体が軽くなり、肩こり、頭痛腰痛に悩まされなくなりました。
よく風邪を引いていたのが、引かなくなりました!体重は、何回か増減を繰り返した結果、2ヶ月で4キロ弱減です。
1ヶ月目は簡単に4.2キロ落ちましたが2ヶ月目に入って、1週間研修に行っていたため、1.8キロ太ってしまい、
その後は無理な食事制限や運動をしたために、ドカ食いを何回 かしたと思います。
2ヶ月目は根本的な「極減」の内容から軸が外れてしまっていた気がします。
ダイエットに必要なのは、考え方、精神、継続。それがあれば、成功できるのだと思います。
体重は一生48キロから50キロ維持を目標にし、8月までには50キロくらいまで痩せれればいいかなと考えています。
見た目が48キロくらいなら、体重はいくらでもかまいません。

 

この本を読んでとても強く感じたことは
ダイエットやシェイプアップは
こうなりたい、あんな服を着たいと
強くイメージをして、潜在意識を高めることが
重要であると感じました。

簡単に言うと、目標を高く設定し、こうなりたいと
自分の体にその意識を植え込み、徐々にそのイメージに
していく、ということです。

私は、間違った自己流のダイエットで痩せることは出来ましたが
綺麗に痩せることはできませんでした。

落としてはいけない筋肉が落ち、無駄な脂肪だけが残りました。

また、この本には体重という数字に拘りすぎては駄目だと書いてあります。

本当にその通りだと思いました。

なぜかは、この本を読めばきっと分かるはずです。

私は体重は減りましたが中身は痩せていなかったのです。

だから、もっと早く「極減」に出会っていれば…と、この本を読んで
本当にそう感じました。

体の中から綺麗になりたい、無理なく痩せたい、体調を整えシェイプアップした
い、と望んでいる方、悩んでいないでぜひこの本をまず読んでみてください。
実践したくなると思います。

前向きに考えられるようになり、役に立つシェイプアップ法が見つかることでし
ょう。

2012年 1月21日 18時16分 (愛知県 Y・A 様)

 

「ネット上には様々なダイエット方法があふれていますが、数冊
のダイエット商材の中には、信じられないくらいの内容で、
しかも高価なE-BOOKが売られています。

もしかしたら、どれを選んでもやせることはできるかもしれま
せんが、大事なのは「何日で何キロ痩せるか」ということでは
なくて、「どう痩せるか?」ということだと思います
(少なくともわたしは、です)

価値観は人それぞれですが、たとえ痩せれるとしても極端に
いえば、ミイラのようなガリガリのカラダは欲しくはないです
し、できれば「メリハリ」のある体形になりたいものです。

この 『シェイプアップマニュアル極減』
はビックリするほど「正攻法」です。

わたしの経験上、正攻法はいちばん安定していて、派手さがな
いぶん長く続けられるものだと思っています。

この商材についてメンタルな部分にふれられた方がいますが、
ダイエットを成功させるにはこのメンタル(こころ)の部分
が、とても重要な割合をしめています。

そのこころのもっていき方を作者は丁寧に記述しており、また
何度かのメールのやり取りを通じて感じたことは、とても実直
な人柄だということがわかりました。

E-BOOKの販売者の中にはメールサポートを謳っておきながら
売りっぱなしの多い中で、この作者はわたし的には「信頼」
できると思っています。
この作者には「うそ」がありません

商材の内容についてはあまりふれませんが、ただ一ついえる
ことは、「実行」するだけ、です。このシェイプアップ法で手に入れられるのは
「ダイエットをしながら健康なカラダをつくることができる、ということです。」

「きれいに痩せてリバウンドしない!セクシーダイエット方法」主宰HIRO様より

 

『 あなたは、今の状態になるまでに、短期間でなったわけではないはずです。
長い時間をかけて、太る体質を作り上げ、
あるいは、不摂生をし、筋肉をつけるチャンスを逸し、
また、遊びや人づきあいで忙しく、運動をする、運動を始めるチャンスを
逃していたはずです。

そうして、今のあなたがあるはずです。
ですから逆に、ごく短期間で、それを覆すような成果を得る、と言うことは、
むしろ不思議なことなのです。 』

これは、『 シェイプアップマニュアル|極減 』の中で、
作者が、ほぼ冒頭で述べている言葉です。

きつい一言、といえばそれまですが、でも、逆に安心いたしました。

そう、すぐに痩せるわけないじゃない。
原因があって、結果があるわけ。
もしくは、必要があって、今、この体型になっているわけ。
( 必ずしもそれが、自分にとって、または、健康にとってよいことでないにしても・・・ )

だからこそ、まず、自分自身から変わらなければ。
そして、太る必要のない( 太りにくい ) 自分に変わらなければ、
それこそ、原因があっての結果、
または、太るべくして、太る必要があって太ってる、
ということになるのです。

そこら辺の、考えの転換から、きちんと指導・誘導してくれます。

作者は、シェイプアップ専門ジムで、
現実に指導にあたってきた方です。

その、ジム や サウナ まで備えている施設が、
月の会費が何万円するのかわかりませんが、
その、マニュアル ( 作者が独自に開発したマニュアルも含め ) を、
こんな値段で 暴露 してしまう というのは、本当は犯罪なんじゃないのかぁ?
と心配してしまうのは、小市民だから?

販売停止処分、もしくは、販売自粛、などになる前に、
さっさと、手に入れておいた方が、絶対得ですよ!!
トレーニング方法などは、一生使えると思いますし。

前半は、心構えやメンタル面での指導、
そして後半は、実際のストレッチやトレーニングの方法が、
事細かに、親切に載せてあります。

どのエクササイズをとっても、
自宅の部屋の中で、少しのスペースで、真夜中でも、
また、家族がいる中、または、寝静まった後でも、迷惑をかけずに、
こっそりと(笑)、音もさせずに、短時間でできるものばかりです。

各エクササイズに写真などがあまり載っていないのは残念ですが、
親切に書いてありますので、理解できないほどではありません。
お願いコールがたくさん出れば、改訂版を後で送ってくれるかも知れませんし。

感動したのは、『 〇筋・〇筋は、最後でいい 』 という言葉。

世の中の常識、と思われている言葉、内容の中で、
根拠ははっきり示せないけど、何となく違うんじゃないか、とか、または、
何となく違和感を持っていることってありますよね。

さぁ、筋トレ、さぁ、自主トレ、というと、。。。
と思ってしまいますが、さっぱし効果なんか出ない。

やり方が悪いのか、回数が足りないのか、
1ヶ月ぐらい続けないと効果が見えないのか・・・、と
自分を責め、または慰めていましたが、でも、本当は違ったんですネ。

私(達)が悪かったわけではない、やる順番があるということ、
それを知らずに、空回りの努力をしても、体を壊すだけ、
ということを教えてくれました。
それも、明確な根拠と、理由を添えて。

この人の言うことなら、信じられるかも。
信じても大丈夫かも。

作者も、3ヶ月から6ヶ月、一緒にトレーニングしましょう、と言っています。
あせることはない。
もう、地図は見つかったのですから。

『 シェイプアップマニュアル|極減 』 という地図を持って、
確かな足取りで、後は目的地に向って、歩いていけばいいのです。

 

体重を減らしたい、たるんだお腹を引き締めたい、今までダイエットに 挑戦してきたけどことごとく失敗し、はじめた頃より太ってしまった、 流行のDVDを買って体を動かしたら腰を痛めてしまった・・・などなど。

そのようなダイエット難民とも言える人達に向けた、楽しく継続できる シェイプアップ法を解説したのが「極減」だ。

これから初めてダイエットを始めようという人にも始めやすくわかりや すいように、どのようにはじめるか、なぜそのような手順でその行動を するのか、といったことが詳しく丁寧に説明されていてひとつひとつ納 得しながら読み進められるようになっている。

本書で得られる効果はあまり目立たないが「極減」ウェブサイトの 「得られること100」のページに書かれてある。中には「え?」と思う効 果も書かれてあるが、内容を読むと「こういうことなんだ」と納得できる だろう。

段階を追って読み進めていくので、「体を動かしてカロリーを消費すれば 痩せられる。」単純にそう考えている人にはこの内容は意外だが理由を知 ればうなずける内容だろう。

また、著者の考える本当のダイエットとはなんなのか、ということもよく わかるし、著者自身の経験から書かれた部分は説得力があり、かつ参考に なるはずだ。

もちろん「得られること100」の全てがこれを「読むだけ」で得られると いうわけではない。当然だが自分の体のことである以上、実践しなくては これらの効果は一つも得られない。

そして、1週間で○kgダイエットなど数字だけを追うようなダイエット メニューではないため、リバウンドしてでも短期間で一時的に痩せたよう に見せたい、という人には向かない。

この「極減」の内容は「得られること100」に全て書かれてあると言っていい。
そのページだけみると「なぜこれがシェイプアップと関係あるの?」と疑い たくなるような効果が書かれてあるが、読めば納得できるだろう。 それだけ詳しく順を追って説明されている。

本気でシェイプアップ、体質改善、リバウンド防止を望んでいるならお勧め できる内容と言える。

ただし、1週間で○kg痩せられる、などといった類いのものではないことは 理解しておきたい。

「簡単に」「楽しく」はじめられるが、決して「インスタント」な 内容ではない。著者自身が経験したことに基づいて書かれているため、 ただの理論だけとも違う説得力ある内容だ。

同じ経験をすれば同様の答えが見つかるかもしれないが、それは長い時間と 危険を伴うリスクの高い方法だろう。

間違ったダイエットによって体を壊すリスクを回避できる方法があるなら 知っておいて損はない。

一生体型を理想に近い状態で維持したい、健康な状態を保ちたいと考えて いる人には大変参考になるお勧めできる内容と言えるだろう。

 

ダイエット、シェイプアップは、多くの情報がありますが、
このマニュアルは、健康的に、自然志向という
体にやさしいダイエット、シェイプアップの方法だなと感じました。

なぜ、体にやさしいの?

一般常識なダイエットとシェイプアップは、

・高いダイエット食品を買う
・高価なジムやエステに通う

ダイエット関連の情報は、

・体と食に関するお話が多い

ですが、

このマニュアルは、ダイエット・シェイプアップの成功が

・「心理」、「住まい」に関連している
・自分の生活、食事に対する見方を変える

ことにあると強調しておられます。

つまり、あなたの日常生活における行動と思いを改善することが
ダイエットを成功させるので、自然志向ですね。

あなたが高いお金を払って、
ダイエット食品、ジム・エステなどに手を出して失敗するのであれば、
原因は、あなたの身の回りの問題点が ダイエットを邪魔していると思います。
そんなときは、このマニュアルがすべてを解決してくれ、
ダイエット成功に導いてくれるでしょう。

私は、この教材を
とても健康的に、自然志向な、ダイエット・シェイプアップの方法として、
イチオシと推薦いたします。

そのバージョンアップ版「極減 ver2.3」を無料で差し上げます。

この無料教材を読めば、あなたも「ダイエットにあれこれ」迷わなくなります。 

以下の内容が学べます。

  • 「こんなことで?」誰もが怪しむ、しかし本当に結果を得ることが出来るある方法
  • 成功者と失敗者を分ける「身近な違い」
  • あなたの「美」の下地を根本的に変えてしまう「魔法の」生活習慣
  • 日本人なら生まれてからは必ず一度は使用している「あるもの」を使用して痩せる
  • 「今時ストレッチで?」と笑われてもやらずにはいられないその訳
  • 個々人の特性を効率的に利用して「成果」を得る
  • 長い苦難の末、遠回りをしてきた私が、10年前に確信した「秘訣」
  • 徹底的にリバウンドを避ける長期戦略