自重トレーニングに限界? もう一度トレーニングしたくなる!?長い鍛練の先に見えるもの

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

自重トレーニングの先に見えるものって何ですか?

こんにちは、けんじです。

 
暑いですね。2019年の夏です。うだる様な暑さです。もう気温35度と聞いてもそんなに驚かなくなってきました。

あなたは今日も自重トレーニングをしましたか? もしかして、早速限界を感じているとか?

私は通っているジムが休みなので、自宅でファンクショナルトレーニングをしました。

動ける体を作るトレーニングを大公開!


暑くても、寒くても、変わらず自重トレーニングに励む人が強くなります。

体が変わっていきます。

「夏は暑いから」「冬は寒いから」こんな言い訳をする人をたくさん見てきましたが、

ではその中で、温暖な春や秋に、再びジムや道場にやってきて、一生懸命トレーニングをしている人が何人いたか、

と言うと、0人です。

そしてほぼ全員がいなくなりました。自重トレーニングを、稽古をやめてしまったのです。実にもったいない話ですが、事実です。

なぜでしょうか? 

ひとつには明確なモチベーション(動機)がないことが原因でしょう。

人生には、いい時も悪い時もあるのです。

そしてそれらを克服してこそ、自重トレーニングをした甲斐があろうというものです。

 

そこで今回は、自重トレーニングに限界を感じているあなたに、あなたのモチベーションを如何に保つか?

そして自重トレーニングの行きつく先について私見を述べていきます。
「転ばぬ先の杖」は常に、目の上のたんこぶですが、知識として冷静に脳内に留めておける人は失敗をしません。

それでは本日のメニューです。

 

1.自重トレーニングがしたかった!限界を語る前に、あなたの原体験を思いだせ


あなたが自重トレーニングをしようと思い立ったきっかけは何だったでしょう?

ちょっと思いだしてみてください

・プリズナートレーニングを読んだ

・有名格闘家の本を読んだ

・筋肉がないことを周囲にからかわれ悔しい思いをした

・力がなく、仕事でも情けない思いをした

・彼女とデート中に、輩に絡まれ、抵抗できず悔しい思いをした

・マッチョブームだから

・自重トレーニングブームだから

・youtubeで、カッコいい自重パフォーマーの動画をみたから

色々思いだせば、何かしらあるのではないでしょうか?

自重トレーニングを継続するには、それらを鮮明に、いつでも思いだせる様にしておくことが大事です。
逆に言えば、忘れたくても忘れられない「自重トレーニングをするに決断させた」その理由が、あなたの心の最奥に、燃え盛っていることが大切です。
逆を言えば、「自重トレーニング」はそれだけ地味で辛いトレーニングだからです。

普通のジムに行き、普通のマシントレーニングをすることは、「自重トレーニング」に比べて、ラクです。
マシントレーニングは、マシンに座ったり、寝ることにより、限定的ではありますが、そこに身を委ねてしまうことができるからです。

でも自重トレーニングはそうは行きません。能動的に自分を奮い立たせ、自分で自分を支えないと、負荷が作りだせないからです。

それだけに、得られる結果も、多角的かつ実用的なのですが。


そう、結局のところ、必要なのは「燃える闘魂」なのです。


そしてもしかしたら、あなたはその原体験を忘れかけているのかもしれません。

私の原体験は、14歳、中学2年生、今から37年前に、痩せていることをクラス中、学年中、学校中にからかわれ逃げ場のなかったあの体験にさかのぼります。

強く なりたい 男が筋トレを始めるまで。実録経験談。弱い男が強くなる①


あの悔しい、恥ずかしい、カッコ悪い、情けない体験が、今も自分の奥底で、燃え盛り、私をトレーニングにかきたてるのです。

そして極真空手の猛稽古の中での、先生の叱咤激励は今でも私の耳をよぎります。それが私を支えてくれているのです。

あなたは何十年経っても、忘れないほどの体験はありますか?

もしあるならば、今はつらいけれど、それがあなたの生きる糧になることでしょう。

参考記事 → 

あなたへ贈る勇気の言葉 https://moveablebody.com/forbeginner/

私があなたに言えることは、「絶対に諦めてはいけない」ということです。また「諦める必要はない」ということです。

 

2.自重トレーニングを究める、トラになるか?現状に満足しきったブタになるか?限界を語る前にどちらかを選べ!


選択肢は2つに1つです。

・いついかなる時も自分に厳しく、トレーニングに没頭していくあなた

言い訳を繰り返し、「だんだんと自由がきかない生活と体型に」甘んじて生きていくあなた

常に選択を迫られるのは、現代の複雑怪奇に発達し、選択肢の無限に増えた世界では、とても困難に思われます。しかし、冷静に考えてみてください。

あなたは自分で自分をがんじがらめにしていないですか?

あなたがまず行うべきことをしましょう。

そう、たくさんやることがあっても、優先順位をつけ、「まず」やるべきことを為す、のです。

「痩せた虎」か「太ったブタ」か?あなたが選ぶべきは、ひとつだけです。

 

3.自重トレーニングに限界を感じてないし、自分には、心のフック(きっかけ)と、燃える様なやる気があるよ

という方は、とても幸せだと言わざるを得ません。しかし、必ずしもそうでないよ、

という方も心配しないでください。

火種は小さくとも、きちんとした気持ちでトレーニングに向き合い継続していけば、

根元にある気持ちは強化され、整理されていきます。

心配せずにそのまま継続していってください。


4.自重トレーニングを続けていれば、強くなるチャンスは何度でも来る 限界なんて実はない

人生には波があります。

いい時もあれば悪い時もある。仕事では、残業が増えた、退職した、転職した、会社が吸収合併された、嫌な上司がいる、

プライベートでは、彼氏彼女と別れた、素敵な恋人が出来た、結婚した、離婚した、趣味で大成功した、等々。

人間誰しも、人生が乗りに乗ってる時期は、色んなものが楽しく、うまく進みます。自重トレーニングも例外ではありません。

しかし、ひとたび、何かにつまづき、物事がうまくいかなくなると、人は心の状態が鈍り、愚痴を言ったり、他人のせいにしてみたり、と

心が悪い方向へ動きだします。しかし、それを繰り返すと、前に進めなくなります。

他人の悪口、陰口、不満をやめよう。成功習慣①

あなたがすべきは、それらの悪習慣を「断ち切ろう!」と決意をし、一歩でも半歩でも、前に進むことです。

自重トレーニングで言えば、1回の腕立て伏せ、1回の腹筋運動、10秒の逆立ち、こんなところから体を動かせば、調子の良かった時の記憶が筋肉にみなぎり、

すぐに調子が上がってきます。

限界なんて存在しないのです。自分が考える様に人はなっていきます。あなたの脳内から、「もう限界だよ」こんな言葉は消し去ってしまいましょう。

5.自重トレーニングの行きつく先 限界を勝手に迎えないために

自重トレーニングは目的をもってすべきです。

「自重トレーニングのための自重トレーニング」はいずれ飽きてしまいます。

または、心身共に消耗し、疲弊しすぎてしまいます。

・筋肉をつける → 何のために?

・体を柔らかくしたい → どうして?

・持久力がほしい → そのあとどうする?

・体重を扱える様にする → 何のために?

トレーニング好きな人がもっとも嫌がる質問の類(たぐい)ですが、

この手の質問を自分に繰り返しながら、トレーニングを続けていける人は

継続がしやすく、また行き詰まることがありません。

2019年も半分が過ぎ、夏が終わろうとしています。

ここで今一度、自分は何のためにトレーニングをしているのか?

を考え、見つめなおすといいかもしれません。

自重トレーニングのメリット。自在に動く自分の体。動ける体の原点②

 

6.まとめ 自重トレーニングは、必要最小限、かつ、必要最大限を満たすトレーニングが最良で、限界を迎えにくい

自分にとっての「最良」を常に目指すべきだと思います。

「最強」は、いつまでも維持出来ることはできません。絶対に無理です。

「最高」も、加齢により、見た目が悪くなれば「最高だった時代」はあっという間に過ぎ去り、昔のこととなります。

そしてどちらもピークを過ぎても無理に求めすぎると、故障や怪我をして、トレーニング全体を諦めざるを得なくなってしまいます。

しかし、「最良」は、その時々で、その時の自分に出来る「最良」、もっとも良いトレーニングと、結果を求めていく、という意味で、意義のあるものだと思いますし、

多くの人が目指すことが出来ます。

測定可能な試合やコンテストに挑みつつも、常に最良を目指し、コンデイションを維持していく、

多くの人がしたくても、どうすればいいかわからないその取り組みを、今後も続けていく価値は十分にあります。

あなたにとっての最良とは何でしょうか?

それをしていけば、常に自問自答しながら、前に進むことが出来ます。

悩んでも、悔やんでも、倒れても、敗れても、自重トレーニングは、世界中どこでもできます。いつでもできます。

あなたも長く長く自重トレーニングを続けていきましょう。年齢に応じた強さ、しなやかさが手に入り、維持できます。

VIVA! 自重トレーニング! あなたも今スグに「自重トレーニング」を始めましょう!

それでは今回は以上になります。最後までお読み頂きありがとうございました。

           コチラのマニュアルもおススメです。

以下の記事もおススメです。正しい心も筋トレも、成功には欠かせません。

お気に入りに登録して、良い事をみんなに広めよう!

画像引用:Photo by cihan soysakal ,Paul M, brittany sawyer on Unsplash Free-Photos,Gerd AltmannによるPixabayからの画像
動画引用:youtube:Tee Major Fitness

*関連記事

体操選手の様な筋肉を作るための、当たり前だけどなかなかやらない方法を教えます。
動ける体を作るトレーニングを大公開
自重トレーニングの効果を独占!自重トレーニング依存症のマル秘対処法!

自重トレーニングとは何か?数千年続く、知れば始めたくなるその歴史。動ける体の原点①
自重トレーニングのメリット。自在に動く自分の体。動ける体の原点②
自重トレーニングのデメリット。筋肥大出来ない? 動ける体の原点③
しなやかな筋肉!女性のための筋トレメニューを大公開!
自重で動ける体を作りたいあなたには、当然だけど耳の痛い話。
年齢に負けない「動ける体のつくり方」
年齢に負けない「動ける体のつくり方」ー実践編ー自分はもう無理だと決めつけないで!
動ける筋肉は自重トレーニングをしないと作れないってマジですか?令和元年版!
しなやかな筋肉とスポーツと強さの関係は切っても切れない仲なんだよ。
体操選手の様な筋肉が欲しい!
逆立ち?効果がありすぎてやらない方がもったいない!
筋トレ初心者にあったら嬉しい!初心者向けメニュー組み方1.
成功する習慣

 

 

名倉けんじをフォローする

Pocket

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは サクセスアドバイザー名倉けんじです。 東海地方在住の50歳。175センチ85キロの現役ファイター。 鍛練家。思想家。 30年以上、毎日の様に鍛練していく中、 「強くなりたい」「成功したい」男たちに(女たちにも!) 役立つ記事を最新のトレーニング事情と絡めながら 書いていきます。 強さと成功を手にするのに必要なこと、 それは正しい心、トレーニング、ビジネスです。 この3つを追求し本当に有益なものを紹介していきます。 「読んで実践!」 皆さんと私の約束です。 「実践すれば強くなり成功する」 私からの皆さんへの約束です。 ご質問・ご感想は Twitter お問い合わせフォームからいただくと 返信が早くなります。 宜しくお願い致します!