本当に 痩せる ダイエット 方法 本当に痩せたい人の為のダイエット講座②

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

このサイトへたどり着いた「強くなりたい」女性が、男性がなぜダイエット?

それには人それぞれ理由はあると思いますが、、

・太っていることを理由にいじめられた
・太っているからと異性に積極的になれない
・太っているから体調が悪い
・太っているので医者に痩せることを勧められた
・強くなるために、痩せたい
・痩せて可愛い服が着たい
・夏までに痩せて水着が着たい

こんにちは、サクセスアドバイザーけんじです。 プロフィールはコチラ。

前回の「本当に痩せたい人の為のダイエット講座①」では、
本質的に痩せるためには「ウエイトトレーニング」が有効である、と答えを述べてしまいましたが。

その前に、
「今年こそ!」と常に雑誌を賑わす「本当に痩せる各種ダイエット法」も実は知らない人が多いのではないのでしょうか?

「自分が本当に痩せたいと思っているのに、その方法は実は詳しくは知らない。。」

そこで今回の記事では、「ダイエットの種類と傾向」を中心に書いていきます。

この記事を最後まで読めば、あなたが「本当に痩せるにはどうすればよいのか?」がわかります。

それでは本日のメニューです。

 

ダイエット、色んな方法を比べてみました。
こんなにある、ダイエット法!

1.楽して痩せます系・器具編

深夜の通販エクササイズ器具、だいたい、深夜12時半すぎくらいから2時半くらいまでの間に、各テレビ局で流れますね。またネットでは、「ダイエット」と検索しようものなら、今やそのキーワードに合わせて自動的に広告が表示され、しかもそれが更新され続けます。驚きです。しかし注意してください。参考記事 → 洗脳のテクニックは是か非か? 乗せられて色んなものを買いこみ過ぎない様に。

さて、それらに共通しているのは、

  • 手軽
  • 私にも出来そう
  • 収納に困らない
  • 軽い
  • 番組終了後30分以内の注文で安くなる
  • モデルは必ずその商品のみで痩せたのではない

    主流商品は腹筋系がとても多く感じますが、最近はやっているのは、スクワットマジックですね。面白い器具で、なかなかアイデア商品だと思います。

 そしてすぐに類似品が出てしまうのは、これらの宿命なんでしょうか。

傾向としては、その殆どが「部分ダイエット」がターゲットということでしょう。実際にそれらを使えばわかりますが、部分トレーニングで大幅に体重を落とすのは、至極困難な話です。
そして本当の意味ではジムへ行った方がきちんと出来るのは理解した方がいいと思います。参考記事 → スクワットマジック!?効果的なスクワットについて

これって本当に痩せる効果がありますか?

例えば、暴飲暴食をして、スクワットマジックだけをやっても痩せません。しかし、健康的な食生活を実践し、オーバートレーニングにならない様配慮すれば、結果、「少しは」痩せるでしょう。しかし、これに限らず、その負荷には限界があるため、いずれ「その効果は必ず頭打ち」を迎えます。

2.楽して痩せます系・食べ物編

毎日、食べるものを一定期間何かに置き換えたり、全く変えてしまうというのは、非常に苦痛です。

〇〇酵素 〇酢 ・・・ 体に良い成分なのはわかりますが、取れば取るだけ、というものではなさそうです。そしてすごく高価です。

置き換え    ・・・ 夕飯1食だけを、栄養素たっぷりの代替食品に置き換えます。美味しいけど味に限りがあり、飽きます。

断食      ・・・ 体内から浄化される感じがいいかも。でも最初の頃は、机を蹴飛ばしたくなるくらいお腹が空きます。

糖質制限    ・・・ 流行りましたね。確かに効果はあるようですが、糖質を全く制限しては体にいい訳がないです。実際その結果、倒れた女性を知っています。

リンゴ・キャベツ・・・ ものすごく胃腸の調子がよくなりますね。でもあっさりにどこまで耐えられるかがポイントです。

ダイエットサプリ ・・・置き換え系とかぶるものもありますね。でも食べた脂肪が全部排出されるとか、それがもし本当だとしたら体にいいと思いますか?

これって本当に痩せる効果がありますか?

体に毎日入って来るものの量を減らせば、間違いなく体重は減ります。
どれも痩せます。今までと違う刺激も腸内にもたらされるわけですから。

でもその状態をあなたずっと続ける覚悟がありますか?続けないと維持できない場合、経済的な負担がつきものです。でも食事を改善するのは「本当に痩せるダイエット」には必要不可欠なのは確かです。特に女性には「便秘」の方が多いので、そういう意味では体をスッキリさせ体重が減るのでしょう。

3.楽して痩せます系・寝ながら編

EMS・・・教授の科学的検証結果はつきもので、なるほどな、と感じますが、食事制限は必要そう。そしてそれだけで滅茶苦茶筋肉質になった人は、、?? あと、謎の定期代金が発生しますね。消耗品がありますから仕方ないと思います。

マッサージ 
エステ・・・脂肪をもみほぐす、脂肪をもみだす、そんな表現がつきものです。その結果体重を落とすには、食事制限もつきものです。エステに行けば確かにキレイになりますね。肌もすべすべに。しかし、自分で原因を作ったのに、他人任せで痩せる、という点で気持ちが変わらないとあっという間にリバウンドはする可能性があります。

これって本当に痩せる効果がありますか?

たくさんの人が痩せた実績、メンズ含めた結果が並んでいますので効果はあるはずです。
でも太った状態と同じ食事をしていては効果は微妙であるのは間違いなさそうです。

4.運動して痩せましょう系・ジム編

ジム通い       ・・・ 痩せるために筋肉を増やすのは正解です。しかしきちんと目標と期間を定めないと挫折する可能性はあります。

パーソナルトレーニング・・・ 挫折を防ぐために存在するのがパーソナルトレーニングですが、高額料金と、短期集中で意外に挫折する人も。

ヨガ         ・・・ そもそもあまり太った人はまず少し痩せてからでないときちんと行うのは厳しいものがあります。

ピラティス      ・・・ 戦争の傷病兵のリハビリがもとになっており、効果はありますが、他力本願なものです。きちんと自己管理が必要です。

プール        ・・・ 消費カロリーは多いですが、頻度によっては健康維持で終わります。

これって本当に痩せる効果がありますか?

これらはすべて痩せます。しかし、継続、食事管理、モチベーションの維持がポイントです。

5.運動して痩せましょう系・自宅編

通販で買うコッソリ系のマニュアル、毎日のウオーキング、ランニング
これらも4.同様の効果がありますが、4以上にモチベーション維持が難しいのは言う間でもありません。もともとそこまで自分の体に対して日々のケアの意識が高い人が、極端なダイエットを迫られる様な状況は考えにくいわけですから。

これって本当に痩せる効果がありますか?

もちろんです。でもたっぷりな運動量に満足して、帰って来て好きなものを食べていては体重は変わりません。健康的な「ぽっちゃり」になるのがオチです。気を付けましょう。

 

以上5分野に渡り、書きだしてみましたが、どれもやり様によっては、直接的にせよ、間接的にせよ、「体重は」減るはずです。食事管理を併用して。

しかし、あなたが減らすべきは「体脂肪」であることを認識し、忘れないで欲しいのです。

そして、今のあなたの状態になるまで何年かかったをよく考えてください。おそらく2年や3年ではないと思います。

するとその前の姿になるまでには、加齢による基礎代謝の低下も考えれば、同じ年数かそれ以上はかかることを覚悟した方が良さそうです。

でももしあなたが「本当に痩せる」ことが実現出来た場合には、

・太っていることを理由にいじめられた
・太っているからと異性に積極的になれない
・太っているから体調が悪い
・太っているので医者に痩せることを勧められた
・強くなるために、痩せたい
・痩せて可愛い服が着たい
・夏までに痩せて水着が着たい

これらも解消することでしょう。

かつて俳優のアーノルドシュワルツェネッガー氏が、ボデイビルの世界チャンピオン時代に、非常に明瞭なダイエットに関する定義を示し、そのシンプルさに世界が感嘆したものです。

「脂肪を1週間あたり2ポンド(約900グラム弱)落とすためには、普段の摂取エネルギーから、1日あたり約500キロかロリー分エネルギー摂取量を減らし、さらに毎日約500キロカロリーの運動を行えばよいのである」

非常に単純ですね。

体脂肪は1キロおよそ7200キロカロリーと言われていますので、多少の誤差はありますが、1週間で2ポンドの脂肪を減らすために消費すべきエネルギーは、上記の運動量であれば十分でしょう。

実際これを行えば、体重はスーッと落ちていくでしょう。
難しい栄養学はともかく、
「運動(ダイエット)したら食べる」「食べたらあまり運動しない」「また運動したら食べる」では、痩せない
のは明白です。

「「運動(ダイエット)したらその消費カロリー以内を食べる」「また運動したら消費カロリー以内を食べる」
この繰り返しであれば少しずつ、得たい結果は近づいて来るでしょう。

まとめ

あなたが「本当に痩せるにはどうすればよいのか?」

今回、様々なダイエットを検証してみましたが、どれも「完璧」な方法はありません。
運動でいくら脂肪を燃焼しても、ドカ食いをしてしまっては痩せませんね。
いくら食事を制限しても、一定期間我慢したあとにドカ食いをしてはやはりリバウンドしますね。
エステで体重が落ちても、筋肉量が少なければ日々再び太っていってしまいます。
どれも一長一短ですね。

しかし、それが正解なのです。

体は一定の「期間、強度」の刺激に慣れきってしまいます。
すると、ダイエットを目的としていても体は反応を示さなくなってしまいます。
ひとつだけの方法に固執するのではなく、様々な方法を試すべきなのです。

「本当に痩せるダイエット」はこの記事に述べたものだけではありません。

あなたがその時々で、触れた方法、知った方法を真面目に実践し、体の反応を見ながら「健康的な生活」を大前提に続けていくことこそが、あなたを普遍的に「本当に痩せさせるダイエット法」になり得るのです。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
この記事があなたのダイエットの今後の指針のひとつになることを願います。
ご質問などありましたら、コチラまでお願い致します。
次回もまたコチラでお会いしましょう。

画像引用:PublicDomainPictures、RJA1988によるPixabayからの画像

以下の記事もおススメです。お気に入りに登録して、良い事をみんなに広めよう!

関連記事*

しなやかな筋肉で女性らしいボディを。これだけ分かればあとはカンタン!
本当に痩せたい人の為のダイエット講座①
スクワットマジック!?効果的なスクワットについて
動ける体を作るトレーニングを大公開!
体操選手のトレーニングは常識を超える!?
トレーニングは家がいいか、ジムがいいか?
筋トレ前の食事のタイミングは重要なんですか?

追伸:もしあなたが、色んな方法を試す時間も暇もないので、ひとつの方法をやり切りたい、とお悩みなら、こちらの無料教材をぜひ参考にしてみてください。
人数限定で、無料プレゼント中。

 

 

 

名倉けんじをフォローする

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは サクセスアドバイザー名倉けんじです。 東海地方在住の50歳。175センチ85キロの現役ファイター。 鍛練家。思想家。 30年以上、毎日の様に鍛練していく中、 「強くなりたい」「成功したい」男たちに(女たちにも!) 役立つ記事を最新のトレーニング事情と絡めながら 書いていきます。 強さと成功を手にするのに必要なこと、 それは正しい心、トレーニング、ビジネスです。 この3つを追求し本当に有益なものを紹介していきます。 「読んで実践!」 皆さんと私の約束です。 「実践すれば強くなり成功する」 私からの皆さんへの約束です。 ご質問・ご感想は Twitter お問い合わせフォームからいただくと 返信が早くなります。 宜しくお願い致します!