成功はあなたの部屋から生まれる。成功習慣⑯

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

成功は心から出る。絶対。

成功はあなたの部屋から生まれる。
スマホの画面の中でも、PCの中でもない。

あなたの心が向き、整った時に導かれる大きな存在を信じることで
あなたに奇跡が訪れる。永遠の真実。
#成功法則 #4つの習慣 #成功原則 #超金持ち #プラス思考 #絶対成功する

Success comes from your room.
Neither on the screen of the smartphone nor on the PC. By believing in the great beings that will lead you when your mind is turned Miracles come to you. Eternal truth.
#Successrule #Fourcustoms #Success principle #Superrich #Plusthinking #Success

あなたは、SNSで世界中の人とつながり、成功は目の前にあり時間の問題だと思っているかも知れません。そうです。確かに真実でしょう。

でも忘れないでください。
あなたの心の中にある「思い」「強い信念」が成功へあなたを導いていったことを。

スマホや、PC等の道具ではない、あなたの信念が根底にある、ということを。


想像してみてください。
また考えてみてください。思い起こしてください。

あなたが、「成功したい!」と思い、思い始めた、まさにその時のことを。

「どんな形の成功でもいい、とにかく、自分で何かを成し遂げたい!」
「とにかく会社をやめて独立する!」
「新しいクライアントを今月3人獲得する!」
「新しいこの仕事を発進させる!」

そう思っていた、あるいは今まさにそう思っていることでしょう。

その瞬間にあなたの心のうちに、芽生え、想像した姿そのままにあなたは成っていくということを忘れないでください。

そしてあなたがその姿に、少しでも「疑い」を抱いている場合には、その実現は、遅れるということを。


さらに、あなたが心に描いた瞬間に、あなたの願望は、大きな存在に認識され、そこからあなたを成功へ導くための「物語」が始まるのです。


つまり、あなたが今の成功に至るまでの、またこれからも出会うであろう成功の中で、「奇跡」とも思える出会い、タイミング、出来事、何らかの恩恵、奇跡的な出来事、はあなたがどれだけその「願望」を叶えたい、と強く願うかによって、表出してくるのです。


それこそがあなたの「成功ストーリー」「成功物語」なのです。


あなたの成功は、目の前にあり、手を伸ばせばすぐ届く距離にあります。その一歩を踏み出してみましょう。

これは瞑想のススメでも、スピリチュアルとか、ではありません。私自身、スピリチュアルというものは大嫌いですので。
でも、立ち止まって考えてみてください。

世の中で今、あなたの目の前にあるものは、誰かの成功の結果なのです。
そして、それは、あなたの知らない誰かが「これを作ろう」「こんなサービスがあればいいな」と思いつき、実行に移した結果なのです。

あなたもその人と同じ「人間」です。
違いは、チャレンジしたか?しないか?です。

私は断言します。

同じ人生を生きるなら、年を重ねるのは誰でも一緒であるならば、挑戦した方がオトクです。
チャレンジをしましょう。そして成功を掴みましょう!


令和2年も、前向きに、成功することを目指し、一緒に歩んでいきましょう。

  こちらのマニュアルも成功に欠かせませんが、無料でプレゼントしています。↓



以下の記事もおススメです。正しい心も筋トレも、成功には欠かせません。
お気に入りに登録して、良い事をみんなに広めよう!

名倉けんじをフォローする

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは サクセスアドバイザー名倉けんじです。 東海地方在住の50歳。175センチ85キロの現役ファイター。 鍛練家。思想家。 30年以上、毎日の様に鍛練していく中、 「強くなりたい」「成功したい」男たちに(女たちにも!) 役立つ記事を最新のトレーニング事情と絡めながら 書いていきます。 強さと成功を手にするのに必要なこと、 それは正しい心、トレーニング、ビジネスです。 この3つを追求し本当に有益なものを紹介していきます。 「読んで実践!」 皆さんと私の約束です。 「実践すれば強くなり成功する」 私からの皆さんへの約束です。 ご質問・ご感想は Twitter お問い合わせフォームからいただくと 返信が早くなります。 宜しくお願い致します!