タイヤトレーニングをすると強くなるのか?その方法と効果

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

タイヤトレーニングは意外に種類あります。

こんにちは、けんじです。 ➡ 無料教材プレゼント中!!

本日も私のブログへ訪問してくださりありがとうございます。

タイヤトレーニングの方法と効果について書いていきます。

タイヤトレーニングと言えば、私は昭和生まれですので、思いつくのがアニメの「巨人の星」などの根性物のマンガなどで、主人公がよくタイヤを引っ張っていましたね。
そして私自身もよくやっていました。腰に柔道の帯を巻いて、ロープをタイヤに巻いて帯と結び、友人を載せてグランドを引っ張りました。

なんとなく古臭いイメージでとらえられがちな「タイヤトレーニング」ですが、意外や、令和の現代まで生き残っています。
そしてその「タイヤトレーニング」のバリエーションも非常に豊富で、多くの競技で取り入れられています。

青空の元、大自然の中、汗だくになってタイヤを引っ張るトレーニングもいいですし、クロストレーニングジムの中でタイヤを叩くのもいいし、タイヤトレーニングは実はとても楽しいんです。

タイヤトレーニングは、普段のトレーニングでは鍛えられない刺激が体に入るので、トレーニングマニア必見です。早速どんなものがあるか、見てみましょう。
それでは本日のメニューです。

1.タイヤトレーニングの効果と方法

タイヤトレーニングは、ほとんどの場合、トラック等、大型の車のタイヤを使います。普通乗用車のタイヤを使うことは、あまりありません。それらは軽すぎてしまうからです。
写真は、私の自宅の庭です。このタイヤは2トントラックのタイヤです。私はこのタイヤの下に普通乗用車のタイヤを潜りこませて、ハンマーで叩くトレーニングをしています。
(下に普通タイヤを噛ませる理由は、ハンマーが外れた時に、コンクリートが割れない様にするためです。)

タイヤトレーニングは大きなタイヤを持ち上げたり投げたり押したり叩いたりするトレーニングですので、足腰、背筋、腕の筋肉、タイヤが重ければ重いほど、動員される筋肉と、それに付随してかかる負荷は増していきます。どこかの筋肉をピンポイントで、というものではありません。全身の爆発的なパワーを高める効果がタイヤトレーニングにはあります。

2.タイヤトレーニングの種類

タイヤトレーニングには様々な種類があります。

1.タイヤ引き

最も一般的なタイヤトレーニングです。ロープや鎖とタイヤを巻き、ハーネスや、柔道などの帯とそれを結びつけ、タイヤを引き、走ります。ほとんどの場合、長い距離を往復します。負荷が足りない場合には、人を載せます。キックボクサーの小林聡選手という方のタイヤ引きは、タイヤに6-7人の大人を乗せて、全身の力を振り絞り行う「タイヤ引き」を行っていました。重すぎて、軽々と「引ける」重量では全く無いので、一回一回歯を食いしばって「ふん!」と引く訳ですが、そのトレーニングが、強い足腰と腰のキレ、そして前に出る力を養う、ということでした。勿論一般人が真似をするレベルではありません。

もう1種類のタイヤ引きトレーニングは、これです。タイヤにロープをつけるまでは同じですが、タイヤの方を向き、足腰を踏ん張り、あるいは、1回引くごとに、バックをし、更にロープを引きます。

女子レスリングの女王、吉田選手のタイヤ引きです。この様に、足腰も使いながら、引く力を養うトレーニングを行っています。組技格闘技のトレーニングとしては必須です。同様の効果を狙うウエイトトレーニングとしては、ベントオーバーローイングや、ロープーリーローイングが似てなくもないですが、動く人間を相手にする格闘技のトレーニングとしては、タイヤ引きも欠かせないトレーニングです。それはいつも安定した場所で闘う、ということはないからです。相手は常に動き、お互いのバランスの崩しあいも強さのひとつだからです。

海外の動画です。一般道路で行っています。タイヤを2つ重ねています。広く長い道路が羨ましいです。
下は、ものすごく重いタイヤを、ロープをたぐりながら引いています。700ポンドとあるので、およそ300キロ近いですね。足腰、握力、相当乳酸がたまるトレーニングです。
この様なタイヤは日本ではなかなか入手困難です。ワールドストロンゲストマンコンテストで同様の競技がありますね。

2.タイヤ叩き

5キロから20キロほどの重さのハンマーを使い、タイヤを叩きます。古くからあったトレーニングですが、アメリカの総合格闘技団体「UFC」の選手がyoutubeにあげ、広く知られる様になったものです。元々は、斧で薪を割るトレーニングでしたが、いつしかタイヤになった様です。薪割りは、あまり身近とは言えないので、タイヤを考えついたものと思われます。斧の薪割りは、映画「ロッキー4」のトレーニングシーンが有名です。

いわゆる「ヒッテイングマッスル」、つまり背筋群が鍛えられる、という根拠で重宝されているトレーニングです。それは、パンチ力を生み出すのは背中の筋肉である、という説からその様な解釈になっているわけですが、近年その説は見直され、「強いパンチを打つには背中も使うが、それだけではない、体の前面の筋肉も使う」と、至極当たり前な説に落ち着いている様です。しかし、細かい解釈はさておき、多くの格闘家がこのトレーニングを当然の様に行うのは、それだけ手ごたえのある練習だと言うことでしょう。私自身もこれを行うことにより体全体の出力が上がった感があります。

野球バージョン こちらも古くからあります。

3.タイヤスロー(タイヤ投げ)

タイヤトレーニングの中で、一番醍醐味があり、又全身のパワーを要求されるものです。文字通り、タイヤを投げます。あるいは、タイヤを引っ繰り返しならが前に進みます。
振り回します。タイヤは一見持ちやすい様に見えますが、大型トラック、4トン以上のタイヤとなると、なかなか重いものがあります。それを両手で腰の高さ以上に持ち上げ、投げる、ひっくり返す、というのは、かなりの力を使います。全身の力を使わないと、怪我をしてしまいます。

タイヤフリップ

タイヤ投げ

4.タイヤ押し

タイヤ引きがあればタイヤ押しもあります。重さによっては人体以上のものが当然ありますから、かなりの負荷になります。

3.タイヤトレーニングを取り入れている競技

タイヤトレーニングは、広くスポーツで取り入れられています。全身のパワー向上が望めますので、殆ど全ての競技に応用できると言っても過言ではないですが、やはり以下の様な競技の選手が頻繁に行っている様です。

・格闘技(レスリング 柔道 ブラジリアン柔術 相撲 など主に組技格闘技)
・野球
・ラグビー、フットボール
・サッカー
・ストロンゲストマンコンテスト

変わり種としては、

・ボクシング ムエタイ

タイヤの上で跳ねフットワークを養ったり、タイヤを蹴ってキック力を強くし脛を鍛える、というものもあります。これらもタイヤトレーニングと言えます。

タイヤを蹴っています。元UFCライト級王者のトニーファーガソンです。このタイヤを蹴るには相当サンドバッグを蹴り込んでいないと無理です。普通の方は痛くて蹴ることができません。初心者の方は、柔らかい普通乗用車のタイヤを固定して蹴るところから始めても、十分に効果があります。ゴムの反発力が、かなりの抵抗を生み出すからです。

4.タイヤトレーニングに使うタイヤの入手先

タイヤトレーニングに使うタイヤの入手先は下記の2つが主なものです。

1.購入する

2つの方法があります。

A. 本物のタイヤを購入する

買えなくはないですが、あまり一般的ではありません。特に大型のタイヤは、販売先を法人に限定している場合が多いので入手が困難です。さらに重い特殊車両用などになると一般の方はまず購入できません。

B.  トレーニング用のタイヤを購入する

タイヤトレーニング専用のタイヤが、トレーニング用品メーカーから出ています。この大きさのものはなかなか買えませんのでお得でしょう。
ただし、日本の一般家庭の室内はおろか、庭でトレーニングをしてもかなりの重さから騒音が予想されます。

2.もらう

廃タイヤの処分に困り果てている業者は日本中にいます。そういうお店(タイヤショップ)や、土木関係の会社などに行き(トラックやダンプの駐車場においてある場合があります)、きちんと訳を説明すれば、二つ返事でくれる場合があります。ただし、搬出は自分でやってね、というスタイルです。(当たり前ですね)。ホームセンターなどで軽トラックを借りるか、大きめのミニバンを借りて行った方が無難です。また錆びたホイルもセットの場合がありますが、そこは何も言わずに頂いて帰り、途中でタイヤショップへ行き、外してもらうなどしてください。有料で安くはないですが、新品や、上記の様なタイヤを購入するよりはお得です。そしてほとんどの場合、タイヤの中に水がたまっていますので、車へ乗せる前に、全ての水を落とし、中を布でぬぐう、まではした方が、車を汚さないで済みます。長年、放置されていたタイヤの場合、かなりの汚れが入った水が入っている場合があります。

5.タイヤトレーニングまとめ

タイヤトレーニングは個別の筋肉よりも、体全体を鍛える要素が強いですね。そういう意味では体全体の出力を上げる必要のある競技の方がトレーニングプログラムに取り入れるのが良いでしょう。

以下に2つの動画を紹介しておきますが、タイヤトレーニングをサーキットトレーニングの中に組み入れて、ひたすら修行僧の様に繰り返す人達の動画です。しかし、ハマるのも分かる気がします。全身を思い切り動かす機会は、現代の社会生活において減っていることをこの2つの動画は示している様な気がしてなりません。
それにしても、ひたむきに、一生懸命です。素晴らしいです。

そしてこのタイヤトレーニング、やれば強くなるのか?ならないのか?

強くなれます!(断言)
世界中で多くの格闘家が取り入れていることを考えても、もう当然ですね。あなたも早速、古タイヤをもらいにいきましょう。ただし、最終処分はキチンと!

それでは今回は以上になります。最後までお読み頂きありがとうございました。

           コチラのマニュアル、おススメです。↓

以下の記事もおススメです。正しい心も筋トレも、成功には欠かせません。
お気に入りに登録して、良い事をみんなに広めよう!

関連記事*バーベルトレーニング効果ならハイクリーン!弱点をパフォーマンス向上に繋ぐ秘策を
     伝授。
     バトルロープトレーニング、その効果に思わずニンマリ!究めろ、無限のバリエーショ
     ン!
     ロープトレーニングの効果!大丈夫、もっと強くなるから。
     筋肉の持久力を高めるトレーニング!カラダを使い倒せ!倒れないために。

メルマガも始めました。読んでくださいね。⇩

名倉けんじのメルマガ「自分史上最高になろう!」

以下のフォームよりメールアドレスとお名前をご記入の上、ご登録ください。
(メールマガジンが不要の場合はすぐに解除ができます。また登録をしたからといって、しつこい売り込みなどは一切ございません。安心してご登録ください。)

画像引用:Image by Taco Fleur from Pixabay
           Image by Taco Fleur from Pixabay
     Image by Taco Fleur from Pixabay

動画引用:ハコッス 
     Performance U
     Christopher Makrides            
               Grownupcartoons
     180Training
     BOKSMARTSA
     Joseph Santino Magno            
               This Guy
               Diesel Josh

名倉けんじをフォローする

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは サクセスアドバイザー名倉けんじです。 東海地方在住の50歳。175センチ85キロの現役ファイター。 鍛練家。思想家。 30年以上、毎日の様に鍛練していく中、 「強くなりたい」「成功したい」男たちに(女たちにも!) 役立つ記事を最新のトレーニング事情と絡めながら 書いていきます。 強さと成功を手にするのに必要なこと、 それは正しい心、トレーニング、ビジネスです。 この3つを追求し本当に有益なものを紹介していきます。 「読んで実践!」 皆さんと私の約束です。 「実践すれば強くなり成功する」 私からの皆さんへの約束です。 ご質問・ご感想は Twitter お問い合わせフォームからいただくと 返信が早くなります。 宜しくお願い致します!