まずは下半身から強くなる!逃げるが勝ち!?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

こんにちは。けんじです。

「逃げるが勝ち」って言葉、聞いたことありますよね。

そう、あなたを襲って来る様々な困難。我慢できないことってありますよね。

 

そんな時はあれこれ悩まないで、

まず、「逃げる」が正解です。

 

その場を離れる勇気、その場を離れる決断、判断、その場を離れる体力、

そう、大概のことが「逃げる」ことによって、実は解決するのが事実です。

 

でも、強くなるためにこのブログを読んでいるのに、

なぜ「逃げなくてはいけないのか?」とあなたは思うかも知れません。

 

きっと、あなたの親友や親や先生は、「逃げてはいけない、立ち向かえ」

と言うでしょう。実はそれも大正解です。

逃げてばかりいても、問題は解決しません。

時には立ち向かうことも正しいのです。

というか、立ち向かうべきです。人生の荒波には。

そう、問題を後回しにしては、あとで必ず回ってきます。

 

いや、しかし、その前に、今あなたが感じている、日常的な脅威に関して、そこから逃げる方法をお教えします。

そう、先ほども書きましたが、「逃げる」のです。

これは経験上、絶対に必要で、真実で、正解です

逃げていいんです!

今回は、この「逃げる」という行為を、いかに効率よくできる様にするか、

そしてそれを可能にする下半身トレーニングも交えて、あなたにわかりやすく紹介していきます。

 

そして「逃げるは恥だが役に立つ」でもなく「逃げるは恥でもなく役に立つ」

という、実は素晴らしい行為だということを知って頂きたいと思います。

それでは、本日のメニューです。

 

1.まずは、歩く。

逃げるという行為には移動が伴います。

移動には、まず、歩けなければ話になりません。

 

目の前で何か大変なことが起きている、何かとんでもないことになりそうだ、

そういう時、じっとしている人はいませんよね。

 

でも、「太りすぎて」「動くのが億劫で」「恐怖で体が硬直してしまって」

じっとしてしまう人がいます。

ですが、その場にとどまっていては、確実にやられますよ。

ダメージを負います。心理的にも肉体的にも無傷ではすみません。

そのためにも、さっと、歩ける様にしておきましょう。

 

歩きのトレーニング

 

走って逃げるにも、まずは歩けなければ話になりません。

歩くという行為は、人間が本能的に行っているものです。

幼児は、はいはい→ つかまり立ち → つたい歩き → 通常の歩行。

こんな順番で歩きます。

 

でも、いざというとき動けない人は、

「体が重い」のです。そして「体が重い」ということが心理的ブロックになり、

ますます歩きや外出が億劫になるのです。

 

ですので、

まずは、歩いてみましょう。

 

外へ出て歩くのです。外の空気を吸うのです。

変わりゆく風景を楽しみながら、手を大きく振って、足を出来るだけ、大股に

歩いてみましょう。

それでも大変な人は、コチラの記事

三日坊主でちっとも始められない人のための解決法!

を参考にして、とにかく始めてしまいましょう。

 

どれくらい歩けばいいのか?

最初は、家の周りだけを歩いてみます。

まずは、外の空気に慣れるのも目的となります。

そして、1週間、3週間、1か月、2か月、と

距離を伸ばしていきます。

 

いざと言うとき、逃げられる体にするには、

数値的な根拠はありません。

 

「相手が追って来るのを諦めるまで」が正解なので、

いつでも、どこでも、瞬時に歩き、移動する、

ということを、体に覚え込ませる必要があります。

 

距離を測るなら、それからでいいです。

そのうち、段々と距離を伸ばしていって、

「強い下半身になったな」と言えるくらいになるには、、

 

1時間ほど、距離にして20キロほどを

「あー、気持ちよかった」と言って歩けるくらいが目安です。

 

トレーニング自体が日常の負担になるのも避けなければなりません。

ですので、この「あー、気持ちよかった」という感覚も、非常に重要なのです。

でも勘違いしないでください。

あくまでこれは、土台の部分です。

 

2.走る

歩くことになれたら、いよいよ走ってみましょう。

その際には、以下の4つに気をつけてください。

  • 走る時間帯
  • 適切なシューズ
  • 水分補給
  • 走る環境

 

走る時間帯

外へ出る訳ですから、事故に注意が必要です。早朝、深夜にランニングなどを行う人が多いですが、

いわゆる「他人の目」が少ない反面、あなたがもし事故などに遭っても、誰も知りません。

 

ですので、スマホや携帯は必須です。家族や知人にあらかじめコースを知らせておくのも

「もしも」の時のために必携でしょう。それは昼間であってもです。

 

しかし、日中、社会が動きだし、車が稼働し、排気ガスが蔓延している中を

走るよりは、そうではない時間帯に走るのは、長い目で見て、正解です。

 

適切なシューズ

足腰を痛めないためです。今や舗装された道が殆どですので、シューズ選びに妥協すると痛い目に遭います。

やはりここは、多少値段が張ってもいいものを購入すべきです。

 

固いアスファルトやコンクリートの上だと、(極力避けたいところですが)

長く続けていると、確実に膝や腰を痛めてしまいます。

ウオーミングアップは、距離が長くなるほど重要になってきます。

 

膝の屈伸、左右への震脚、腰回し、足首回し、位は

やっておきましょう。

 

 

水分補給

昔は水を飲むな、なんて言われましたが、今やナンセンス。あり得ません。

走っている最中にも当然汗や外気温の影響で水分は失われますから、水分を携帯して

走った方がいいでしょう。

 

リュックサック状で水分補給ができる、

ハイドレーションバッグ、というものがありますので、

それらを活用しましょう。実際、とても便利ですよ。

 

走る環境

出来れば、空気の良い場所がいいでしょう。車を持っていれば、また自転車などで

少し道路から離れた場所や、陸上競技場などへ出向き、そこで走るのがベストです。

 

陸上競技場などでは、たいがい地面がゴム製なので足腰を痛める心配がありませんし、

途中で水分もとれますね。安心です。

 

あとは、街中などだと

・交通事故の危険

・あなたをバカにしている連中に見られてしまう

等のめんどくささと危険性がありますね。

注意したいところです。

どれくらい走ればいいのか?

 

これも、歩きと同じ、終えたあとに「気持ちよかった」と思える程度で十分でしょう。

マラソンの選手になるわけではありません。

しかし、日常的に、軽いフットワークを維持する、という感覚ならば

1回に30分から1時間を行えばよいでしょう。

 

当然、次にいつ行うかは、あなたの体が回復してからです。

千里の道も一歩から、です。

 

3.で、歩きも走りもやりましたが?

 

身体的なものは、日常継続し、いざというときに備えてください。

では、それもできている場合、どうすべきで、何をするべきか、教えます。

 

ひたすら逃げる

あなたをからかったり、支配下に置きたいと勝手に思う連中は、あなたをいじって楽しみたいのです。

そして暴力を加えたり、嫌がらせをしてあなたが嫌がる様子を見て、喜んでしまう、

どうしようもない連中です。

悪いのは、あなたではない。

そんな連中に、あなたの貴重な人生を奪わせてはダメです。

もう「ああ、またかあ」という様なことが始まったら、とにかくその場を離れましょう。

 

何かやりかけとか、そんなの気にしないで構いません。

まずは自分の体と精神を守るのです。

 

すぐにその場を離れてください。

そんな時に「体が重い」と決断が遅いのを実感すると前に

歩く → 走る を習慣化してきたあなたは、

あなたをいじったりバカにする連中から、いかに早く逃げだせるかに驚くでしょう。

それが「逃げる」ことの最大の利点です。

「逃げた」結果なんて気にしなくていいです。

 

あなたを、意味もなく「バカにしてくる」連中が悪いんです。

 

そう思えば気も楽になります。

 

逃げることのメリット

理不尽な状況に身をおいて我慢し、精神を疲弊させるのは、本当に人生の無駄です。

あなたは、そんな状況から逃げることによって

  • 無駄なエネルギーを使わなくてよくなります。
  • 心理的、身体的暴力や危険に遭遇する危険を減らせます。
  • 無駄に抵抗して、逆に過剰防衛などで訴えられる心配も無くなります。(最初からそれ狙いの連中もいますので注意してください)
  • つまらない人間に向き合わなくて良いので、人生の貴重な時間を無駄にしなくてよくなります。

「逃げる」ことは恥ではない。逃げることにはたくさんのメリットがある。

ぜひ、実行して体感してみてください。

そう、あなたの人生はあなたが主役です。そしてあなたは必ず今より強くなれます。

さて、「歩く、走る、逃げる」はやれば強くなるのか?ならないのか?

ズバリ!「強くなります」(断言!)

実生活においては、妙な事態に無理やり抵抗するよりも、その場をさっさと離れた方がいいのは、現代では当たり前です。冷たいとか、そんな考えでは、あなた自身の人生を守れない可能性もあります。

「走れる、逃げれる」という能力はそれだけでメリットなんですよ。

今のあなたより「強くなれる!」ことは間違いありません。

早速今日から、歩きましょう!走りましょう!

それでは今回は以上になります。では、また!

*こちらの記事もおススメです。お気に入りに登録して、良い事をみんなに広めよう!

トレーニングも人生も、成功するためには知っておくべきこと、習慣があります。
動ける体を作るトレーニングを大公開
体操選手の様な筋肉が欲しい!
逆立ち?効果がありすぎてやらない方がもったいない!
上半身を鍛える。自重でとにかく始めよう!自重トレーニングで上半身を鍛える!①
自重トレーニングで、背筋を鍛えれば強くなるのか?
筋トレ初心者にあったら嬉しい!初心者向けメニュー組み方1.
三日坊主でちっとも始められない人のために
護身術があなたを救う!?最強の護身術とは① 悪用厳禁!!
バトルロープトレーニング、その効果に思わずニンマリ!究めろ、無限のバリエーション!

 

追伸:もしあなたが、良いコンデイションも良い人生も手にしたいと思っているなら、少し生活を見直すために、こちらの無料教材がお役に立ちます。ぜひ参考にしてみてください。
人数限定で、無料プレゼント中。


名倉けんじをフォローする

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは サクセスアドバイザー名倉けんじです。 東海地方在住の50歳。175センチ85キロの現役ファイター。 鍛練家。思想家。 30年以上、毎日の様に鍛練していく中、 「強くなりたい」「成功したい」男たちに(女たちにも!) 役立つ記事を最新のトレーニング事情と絡めながら 書いていきます。 強さと成功を手にするのに必要なこと、 それは正しい心、トレーニング、ビジネスです。 この3つを追求し本当に有益なものを紹介していきます。 「読んで実践!」 皆さんと私の約束です。 「実践すれば強くなり成功する」 私からの皆さんへの約束です。 ご質問・ご感想は Twitter お問い合わせフォームからいただくと 返信が早くなります。 宜しくお願い致します!